富永啓生の家族構成!父親と母親は三菱電機のバスケ選手で妹も強豪校のバスケ選手?

アメリカを本拠地としてプレーし、日本代表選手のメンバーにも選出されている、バスケットボール選手の富永啓生(とみなが けいせい)さん。

そんな富永啓生さんはこれまでにどんな環境で生まれ育ったのか気になりますよね。

そこで今回は、富永啓生さんの父親や母親、兄弟について調査してみました。

目次

富永啓生の家族構成

富永啓生の家族構成

画像引用元:THE ANSWER

富永啓生さんの家族構成は、両親と妹の4人家族です。

・父親:富永啓之(とみなが ひろゆき)
・母親:富永ひとみ(とみなが ひとみ)
・長男;富永啓生(とみなが けいせい)
・長女:富永千尋(とみなが ちひろ)

富永啓生さんは2001年2月1日、愛知県名古屋市守山区に誕生しました。

そんな富永啓生さんは両親がバスケットボール選手であったことから、幼少期の頃からすでにバスケットボールが身近だったといいます。

そのため自室には手製のミニコートやゴールドリングが設置されているそうで、幼い頃からみっちりとバスケ漬けの日々を送っていたことが伺えますね。

富永啓生の父親は元バスケットボール選手

父親は元バスケットボール選手

画像引用元:Face Book

富永啓生さんの父親は、元バスケットボール選手であることが分かりました。

プロフィール

名前:富永啓之(とみなが ひろゆき)
生年月日:1973年10月7日
年齢:50歳
身長:211cm
職業:バスケットボール教室のコーチ
出身:京都府

富永啓生さんの父親の名前は、富永啓之さんです。

そんな父・啓之さんも元バスケットボール選手で、洛南高校で全国大会に出場して活躍した後、日本大学在学中に1995年ユニバーシアードメンバーとなりました。

また、大学卒業後は三菱電機に入社し、実業団に所属。
ポジションはセンターとして活躍し、全日本のメンバーとして1998年世界選手権のメンバーに選ばれるほどの実力を発揮しています。

2006年には現役を引退していますが、これまでの経歴を見るとバスケットボール選手として非常に優秀だったことが伺えますね。

現在はバスケットボール教室のコーチ

元プロバスケットボール選手であることが分かった父・啓之さんですが、現在はバスケットボール教室のコーチを務めていることが分かりました。

愛知県一宮市のレンタルバスケットコート、富永選手のゆかりの地です。
(中略)
ここでは富永選手の父親がバスケットボール教室のコーチを務めており、親子でバスケットボールを楽しむ姿が見られたといいます。
引用元:メ~テレ

父・啓之さんは現在、愛知県一宮市でバスケットボール教室を開き、コーチとして生徒を指導しているとのこと。

しかし元々三菱電機の実業団に所属していたことから、現在も同社で会社員として働いていて仕事を掛け持ちしている可能性も考えられますね。

富永啓生の母親も元バスケットボール選手

母親も元バスケットボール選手

画像引用元:stillnessのなんでも語るブログ

富永啓生さんの母親も、元バスケットボール選手であることが分かりました。

プロフィール

名前:富永ひとみ(とみなが ひとみ)
生年月日:非公表
年齢:非公表
身長:156cm

富永啓生さんの母親の名前は、富永ひとみさんです。

そんな母・ひとみさんも元バスケットボール選手として活躍しており、父親と同様に三菱電機の実業団に所属していたことが分かりました。

日本代表選手だった父・啓之さんと実業団の選手だった母・ひとみさんの間に生まれた富永選手。
引用元:CBC news

また、年齢や所属していた時期については公表されていませんが、父・啓之さんが実業団にいた時期に母・ひとみさんも女子バスケ部でプレーしていたとのこと。

そのため父・啓之さんと同じくらいの年齢で、1995年~2006年あたりで所属していたことが伺えますね。

富永啓生の妹は精華女子高校バスケ部?

妹は精華女子高校バスケ部の選手

画像引用元:西スポWEB otto!

富永啓生さんの妹も、バスケットボール選手として活躍していたことが分かりました。

プロフィール

名前:富永千尋(とみなが ちひろ)
生年月日:2005年生まれ
年齢:19歳
学歴:精華女子高校
出身:愛知県名古屋市

富永啓生さんの妹の名前は、富永千尋さんです。
そんな妹・千尋さんもバスケットボール選手として活躍しており、女子バスケットボール強豪校である精華女子高校の選手であることが分かりました。

富永千尋(3年)の得点だった。
(中略)
家族にも力強く支えられた。兄は男子日本代表で今夏のワールドカップでも主力としてパリ五輪出場権獲得に貢献した富永啓生(米ネブラスカ大)。
引用元:西スポWEB

2023年12月に開催した全国高校選手権ウィンターカップでは、左膝の前十字靭帯を損傷していたものの、リハビリをして試合の直前にメンバー入り。

大会自体は残念ながら敗退してしまいましたが、リハビリ当時は兄もアメリカで怪我をしながらも頑張っている姿を見て自分もこのままでは終わっていられないと思い、なんとか復帰したといいます。

兄からアドバイスも貰っていたということから、妹・千尋さんは兄のことを選手としても尊敬していた様子が伺えますね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次